SPONSORED LINK

どーも。RET-HIMIZU創始者にへー(@niheihisato)です。

「にへーさんのやってるHIMIZU(ヒミズ)って何なの?」と聞かれるコトが増えてきました。

いやー、ありがたいコトでございます。

なので今回は簡単にその質問にお答えしたいと思います。

 

HIMIZU(ヒミズ)とは

天然の哲理・自然の摂理・〇〇の原理という三つの『理』を一つの智慧(チエ)・象(カタチ)として表現したモノ・・・です。

(*因みに〇〇の中は何を入れても可。施術に応用する場合は〇〇に『身体』が入る)

因みに漢字に直すと『火水』となります。

 

RETとは

Repulsion

Energy

Technique

 

・・・の頭文字をそれぞれ取ったモノです。

因みにRepulsion Energy Technique『相反力技法』と訳します。

なので、RET-HIMIZUをすべて日本語で表すと『相反力技法火水』となります。

 

創始したキッカケは予言の書?

元々は高校三年生の時に『三元療術』というモノを創始したのが始まりでした。

三元療術とは骨・筋・氣の三つの流れを調整してカラダを整えるという療術です。

 

これを武器にずっと活動してたのですが2016年11月にとある気づきがあったんです。

それが『縦横結びてチカラ出るぞ』という一文・・・

日月神示』と呼ばれる日本の予言書?の一文なのですが、それを読んだ時に大変衝撃を受けました。

日月神示とは

日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ)は、神典研究家で画家でもあった岡本天明に「国常立尊」(別名、国之常立神)と呼ばれている高級神霊よる神示を自動書記によって記述したとされる文書である。

引用:日月神示-Wikipedia

 

「こっこれや!これやったんや!」

この一文にとてつもない『物理』を感じたのです。

そしてこの考えを元に三元療術を編成し直し、一夜で出来上がったのがヒミズという訳でございます。

 

名前の由来は予言の書の一文

続きましてはRepulsion Energy Technique-HIMIZUの由来の説明です。

これは先程紹介した一文から来ているのです。

 

『縦横結びてチカラ出るぞ』

 

そして『十は火と水ぞ』というコトバも書かれています。

この文から『ヒミズ(火水)』という名とロゴマークを思いつきました。

因みにRepulsion Energyは『結びてチカラ出るぞ』の一文を『相反するチカラ』と捉えた結果です。

 

にへーはその『相反するチカラ』を用いて様々な症状に対応しているという訳なんですねー。

 

ヒミズの理論

ヒミズにはToggle Technique(トグルテクニック)という技術しかありません。

トグル (英: toggle)とは

  • スイッチ・ボタンなどで、操作するたびに二つの状態が交互に入れ替わるような機構
    • トグルスイッチ(電気部品)
    • トグルボタン(GUIウィジェット)
    • トグル打ち(携帯電話向けの文字入力方法の一種)

引用:トグル-Wikipedia

この技一つで様々な症状に対応しています。

単一操作(相反するチカラを発生させ用いる)によって『陰と陽・虚と実・プラスとマイナスを入れ替える』という技法なのです。

勝手に作用としてチカラが成立してくれているので、にへーは働いていません。

 

カラダがプラスに偏っていればマイナスの作用を用いて『ゼロ』に戻す

カラダがマイナスに偏っていればプラスの作用を用いて『ゼロ』に戻す

 

上記がヒミズの理論です。

 

因みにこの理論とToggle Techniqueを用いるとカラダに触れても・触れなくても施術できる様になります。基本的には『触れて』やってますけどね。

体の状態が悪ければ悪いほど『痛い施術』だし。

 

最後に

簡単な説明でしたがヒミズのコトを少しは分かって頂けましたでしょうか?

にへーはこの智慧(チエ)に基づいて施術を行なっており、これからもバンバン活動していきます。

受けたいという方は予約をお願い致します・・・!

 

施術予約はコチラから↓

 

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

仁平尚人(にへいひさと)/にへー

ヒトが死ぬまで遊ぶ為の健康情報を中心に発信しているカラダのよろず屋。体道塾代表として全国各地をWSで巡りながら複数のプロジェクト実行など幅広く活動中。