SPONSORED LINK

とてもメジャーな感染症であるトキソプラズマ(原虫)は世界の1/3もの人々が感染していると言われていますが、これに感染している人は“起業家になりやすい”という研究結果が出たそうです。

やはり腸脳相関だし、思考と腸内環境は関係し合っているんでしょうか?

起業家とトキソプラズマの関係性

すごいと思いませんか?

トキソプラズマ感染者の場合、非感染者よりも“1.8倍多く起業経験がある”って。

更にこんなことが書いてありました。

大学生やビジネスの専門家でトキソプラズマ感染の有無を調べたところ、陽性だった学生1495人が経営学などビジネス系の学部を専攻している確率は陰性の学生の1.4倍、マネジメントや企業家精神を重視している確率は1.7倍であった。さらにビジネスの専門家についても、陽性の人は陰性の人に比べ、自ら新しいビジネスを立ち上げている確率が1.8倍高かったという。

引用:【衝撃】猫の寄生虫トキソプラズマに感染すると「起業家」になりやすい!? やはり腸内環境は精神に影響か!?-TOCANA

いやー、これは面白い研究結果ですよね。

SPONSORED LINK

トキソプラズマは精神を操る?

過去の研究で、トキソプラズマ感染者は交通事故率・自殺率が高くなるという結果もあるそうです。危険(リスク)を恐れなくなるという様な状態?になりやすいんですかね。

ネズミでも感染しているモノは同様に無気力になったり、反応速度が低下する様になるらしいですからね・・・そう考えると、やはり腸内環境とその人の思考・精神状態というのは大分関係性が深いのではないか?と思います。

まあ、確定事項ではないので今後も動向を見ていきたい研究ですね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仁平尚人(にへいひさと)/にへー

ヒトが死ぬまで遊ぶ為の健康情報を中心に発信しているカラダのよろず屋。体道塾代表として全国各地をWSで巡りながら複数のプロジェクト実行など幅広く活動中。