SPONSORED LINK

 

『健康』とは何でしょうか?

 

「病気じゃないコト」

「カラダに痛いところが無いコト」

「食事が美味しく食べられるコト」・・・etc

 

皆さんがそれぞれに色々な定義があると思います。しかし、健康とはその様に単純なモノなのでしょうか?

今回はイマ一度『健康』というモノを確認し直して、皆さんと一緒に健康とは何ぞやというところを明確にできればと思っています。

 

健康とは病気でないとか、弱っていないというコトではなく、人生を楽しむ為の必須条件なのだから。

 

肉体的・精神的・社会的に満たされているか

”健康の定義”

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること

引用:健康の定義について|公益社団法人 日本WHO協会

WHOは健康や医療に関する科学的・技術的情報を最も蓄積している国際機関です。

”病気や弱っているというコトだけでなく『肉体』『精神』『社会』全てが満たされた状態にあるコト”という定義づけをしていますが、実際のところちょっと分かり辛いですよね?

 

特に肉体・精神・社会という3つのワード。(追加:満たす)

健康というモノを理解しやすくする為に、先ずはそれぞれの意味を考察していきましょう。

 

肉体とは

”肉体とは”

生身のからだ。生きている人間のからだ。肉身。

引用:肉体(ニクタイ)とは- コトバンク(デジタル大辞泉の解説)

WHOの健康の定義で書かれている肉体とは単純に生きている人間のからだのコト。

カラダを構成しているモノ全てが含まれるコトバです。

 

精神とは

”精神とは”

人間のこころ。また、その知的な働き。「健全な精神」
物質に対し、人間を含む生命一般の原理とみなされた霊魂。たましい。
物事をなしとげようとする心の働き。気力。「精神を鍛える」「精神統一」
物事の基本的な意義・理念。「憲法の精神」
ある歴史的過程や共同体などを特徴づける意識形態。「時代精神」「民族精神」

引用:精神(せいしん)とは-コトバンク(デジタル大辞泉の解説)

解説を読む限りWHOが述べたい精神というワードは健康の定義と照らし合わせると1・3が違和感無く馴染み定義の理解を助けてくれます。

1〜5全て曖昧なモノではあるにしろ、1・3がベストな選択でしょう。

 

社会とは

”社会とは”

《英語 society の訳語として「社会」を当てたのは、明治初期の福地桜痴(源一郎)である》

人間の共同生活の総称。また、広く、人間の集団としての営みや組織的な営みをいう。「社会に奉仕する」「社会参加」「社会生活」「国際社会」「縦社会」
人々が生活している、現実の世の中。世間。「社会に重きをなす」「社会に適応する」「社会に出る」
ある共通項によってくくられ、他から区別される人々の集まり。また、仲間意識をもって、みずからを他と区別する人々の集まり。「学者の社会」「海外の日本人社会」「上流社会」
共同で生活する同種の動物の集まりを1になぞらえていう語。「ライオンの社会」
「社会科」の略。

引用:社会(しゃかい)とは-コトバンク(デジタル大辞泉の解説)

この場合もいくつか解説がありますが、健康の定義の後文に”健康を維持するためには個人だけでなく社会的にも取組む必要がある”と書かれているので上記1〜3の解説が理解しやすいです。

自身の社会的な繋がり・立ち位置などが健康を左右させる原因となります。

 

満たす(原文:満たされた)

”満たすとは”

容器の中いっぱいに入れる。満ちるようにする。「コップに水を―・す」「腹を―・す」
求められているものを実現してやり、満足させる。「条件を―・す」「要求を―・す」「―・されない思い」

[可能]みたせる

引用:満たす(みたす)とは-コトバンク(デジタル大辞泉の解説)

満たす(満たされた)という状態は健康の定義に於ける場合1でもあり2でもある状態と言えます。

自分自身の尺度による満たされた状態と社会の尺度による満たされた状態では異なり、健康の定義からどちらが正しいのかというところまでは読み解けませんが、どちらも大切な視点であるコトに変わりはありません。

 

全てが満たされて初めて『健康』と言える

皆さんはここまでで健康の定義を理解されましたでしょうか?

イマまでは単にカラダの状態だけに注目していた方もいたのではないでしょうか?

でも、それでは足りませんでしたよね?肉体的にも・精神的にも・社会的にも満たされた状態が健康というモノでした。

 

如何でしょう?イマのあなたの状態は健康と言えますか?

実際のところ「健康というモノを確立するのは難しい」と思ってしまうのは僕だけでしょうか?

 

一番取り組みやすいのは『肉体』を満たすコト

肉体的・精神的・社会的に満たされた状態が健康という定義であればその3つを満たさなければならないのですが、一番取り組みやすいのは間違いなく肉体を満たすコト。

精神的・社会的なモノは曖昧が故に手がかりが掴みづらく、妄想やスピリチュアル・オカルトに逃げてしまうヒトが非常に多いのが難点。

そのような中で現実として共通認識として特に見え・感じるコトができるのは『肉体』なのだから意識して整えていく姿勢が大切です。

 

筋トレ・ストレッチ・食事・・・etc 様々なアプローチで肉体を変えていけばその他2つの要素も徐々に補われていきます。健全なカラダに健全な精神は宿るのですから。

そして肉体・精神のレベルが上がっていけば自ずと社会的な健康も手に入るのです。全てはバランスであり基礎となる肉体が主体です。それを忘れずに健康というモノに取り組んでください。

 

人生を楽しむ為の必須条件こそが健康なのだから。

 

自分の健康は自分で守ってなんぼ。

健康であればなんでもできますが、健康を損ねている間の時間(イノチ)は永遠に返ってきませんよ。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

仁平尚人(にへいひさと)/にへー

ヒトが死ぬまで遊ぶ為の健康情報を中心に発信しているカラダのよろず屋。体道塾代表として全国各地をWSで巡りながら複数のプロジェクト実行など幅広く活動中。